PsychoBreak 2 発表

11.06.17

(※PsychoBreak 2は2017年10月19日発売予定です)

セバスチャン・カステヤノスの悪夢は終わらない。

Tango Gameworksと三上真司が仕掛ける『PsychoBreak 2』は、2014年に多くの賞を獲得したサバイバルホラーゲームの続編です。数年前に死んだと思っていた娘の「リリー」を救出するため、主人公「セバスチャン」は狂気の世界にもう一度足を踏み入れます。『PsychoBreak 2』は2017年10月19日発売予定です。

『PsychoBreak 2』の舞台となる「ユニオン」は、リリーの心をコアにして築き上げられた荒廃した街で、前作を思い起こさせる隔離された閉鎖空間であると同時に、思い思いの探索が可能な自由度の増したマップになっています。自由に暗闇の隅々までじっくりと調べ回ることができます。ただし、これはサバイバルホラーゲームであるということをお忘れなく。弾薬やアイテムは限られています。しっかりと準備をして用心深く進みながら、ユニオンの秘密を解き明かし、「STEM」の内側から「メビウス」の企みを探りましょう。

今作で新たに登場する「コミュニケーター」を使うことで現実世界と断続的に通信が行えるようになり、かつての部下「ジュリ・キッドマン」から情報を得ることができます。コミュニケーターはユニオンを探索する上での道しるべとしても機能します。「レゾナンスポイント」ではアイテム取得、サイドクエストや街の状態を知ることができます。さらに、STEMに残るリリーの痕跡を辿り、彼女の行方を追うのにも使用します。錆びついてしまった刑事の勘を再び磨き上げてユニオンの歪んだ廃墟を探索し、数々の脅威に立ち向かいながらリリーを助け出しましょう。全てが手遅れになってしまう前に…。

TEW2 Reveal Watcher 730x411

希望を追い求め地獄へ

数年前、前作での出来事が起きる以前に、セバスチャンの娘リリーは悲惨な火事で命を落としました。火事のあと、まもなく妻はセバスチャンのもとを去り、さらにメビウスと呼ばれる組織に巻き込まれたことで、彼の人生は転落の一途を辿ることとなりました。そして、あの凶悪な連続殺人事件を追ってビーコン精神病院へ辿りつき、殺人鬼の心の中に創り上げられた狂気の悪夢に捕らえられてから、3年が経過しました。

前作での出来事をかろうじて生き延びた後、セバスチャンはずっと孤独でした。職も、希望も、全てを失ったのです。ビーコン精神病院での話は誰からも信じてもらえず、彼はこの3年間、あの災いをもたらした張本人を探していましたが、成果は得られませんでした。しかし、ここへ来て、初めてわずかな希望の光が差し込みます。キッドマンが彼の前に再び現れ、贖罪に至るための道を示したのです。キッドマンによれば、リリーはまだ生きていてSTEMによる新たな世界を創り上げるためにメビウスに利用されていると言うのです。もしセバスチャンに自ら地獄へ赴く覚悟があるならば、娘を見つけ出し、メビウスの手から解放することができる、と。今こそ、もう一度STEMに入り込み、いくつもの狂気と対峙し、自らの娘を救うときです。

TEW2 Reveal Communicator 730x411

「素晴らしいストーリーに仕上がりました」とエグゼクティブプロデューサーの三上真司は語ります。「調査を進めることになる各マップは、どれもユニークなものばかりです。ゲームを満喫すると同時に、ぜひ隅々まで探索していただきたいです」。

今年の展示およびE3で公開されたその他の情報はこちら:
Bethesda at E3 2017