PsychoBreak 2 を生き延びるために

13.10.17

海外では『The Evil Within 2』がついに発売されました(日本版『PsychoBreak 2』は10月19日発売です)。「今すぐプレイしたい!」という方にも、ホラーにぴったりのハロウィーンまで我慢するという方にも、知っておいてほしいことがあります。本作品は、決して楽なゲームではありません。長年サバイバルホラーゲームをプレイしてきた手練れでさえ、思わず唸ってしまうこともあるでしょう。乏しい物資に過酷な戦闘。プレイヤーには聡明さと慎重さが求められます。でもご安心ください。自分のスキルに合った難易度を選んで遊べばきっと楽しんでもらえます。ただ今回は、プレイヤーの皆さんが悪夢の世界から生還できるよう、ちょっとしたアドバイスと小ワザをご紹介します。

  • 物資を集める 探索可能なオープンエリアが増えた本作では、周囲をじっくり調べる機会がたっぷりあります。なるべく「コミュニケーター」を使うことをオススメします。弾薬や回復用の注射器、クラフトに使える材料など、お役立ち物資を入手できます。

  • コレクション(収集アイテム)を集める 「ユニオン」の暗がりや物陰全てを突っつきまわさなくとも、本作のクリアは可能です。ただし、コレクションコンプリートを目指す場合はコミュニケーターを活用しましょう。コレクションの多くは、アイテムリストの空欄を埋める助けとなります。ユニオンの、そしてセバスチャンの過去に隠された謎を解き明かしたい方は、街中に散らばっているファイルやスライドを見つけましょう。ファイルには、写真や新聞記事の切り抜き、事件ファイルそのものの一部などが含まれます。また、スライドを入手するとセバスチャンとキッドマンの会話がアンロックされます。会話を聞くと、セバスチャンの過去や近しい人との人間関係が部分的に浮き彫りとなるでしょう。全スライドを入手すると、ボーナススライドおよびボーナス会話がアンロックされます。他にもユニオンの街中に点在しているのは女神像です。その中にはロッカーキーが隠されています。前作を思い出しますね。女神像を壊して、中のカギを入手してください。「タティアナ」からボーナス物資がもらえます。

TEW2 SurvivalTips Tatiana

  • 周囲の状況を把握 敵と遭遇して戦闘に突入してしまう前に、ある程度時間を取って周囲の状況を把握しましょう。辺りを見渡せば、戦闘を完全回避できる妙策が見つかるかもしれませんよ。逃走不可能な戦闘もありますが、命からがら全力で逃げようというとき、自分が今いる場所についてしっかり把握するに越したことはありません。

  • トラップに使える物を見逃さない 周囲の環境を活かしてトラップにできないか、常に目を光らせてください。例えばオイル漏れがあったら敵をそこまで誘導、オイルを狙い撃ちして火だるまにしたり、化け物の足元に水たまりがあったらショックボルトで感電させたりできます。また爆発可能なドラム缶も便利なので、常に確認を怠らないように。どこにでも転がっているアイテムではありませんが、ドラム缶は爆発半径内にかなりのダメージを与えるシロモノです。ドラム缶を倒せば地面をオイル浸しにもできます。先ほどご紹介したオイル罠の完成ですね。

  • トラップがなければ自分で設置 「マインボルト」は、地雷やトリップワイヤーのように使うことが可能です。障害物に挟まれた狭い通り道に設置すれば、敵はそこを通るしかありません。設置したマインボルトを踏ませるかトリップワイヤーに引っかからせ、敵を粉みじんにしてやりましょう。ただし、自分で仕掛けた爆発に巻き込まれないよう注意。マインボルトは敵味方を区別しませんから。

TEW2 SurvivalTips ExplosiveTrap

  • 戦士の休息…それは一時停止 一風変わったアドバイスかもしれませんが、ちょっと時間が欲しいときには武器ホイールを有効活用しましょう。戦闘中に、考えをまとめて戦略を立て直す時間が必要になることもあります。武器ホイール(装備メニュー)を開くとゲームは一時停止されるので、そこを利用するのです。装備メニューをスクロールして所持している武器を確認している間に、一時停止解除後にどう進めるべきか、選択肢を検討できます。

  • 練りあげた作戦もときには放棄、とにかく逃走 引き際を知り戦闘に見切りをつけることは、決して悪いことではありません。欲しかった資源を諦めることになりますが、準備を整え直して後からまた取りに戻れば良いのです。

  • 便利なボルトで敵を攪乱 逃走という選択肢がない場合は、敵を「ショックボルト」か「煙幕ボルト」で撃ちましょう。敵の動きを止めたり煙幕を張ったりして、身を潜める時間が稼げます。そこから音を立てずに敵を回避、弾薬や簡易クラフト用物資をかき集めましょう。

TEW2 13Things Crossbow 730x411

  • 窮地を切り抜けるには、迷わず簡易クラフト クラフト台でのクラフトに比べ消費物資が多いため、簡易クラフトはなるべく当てにしたくない手段ではあります。しかし、弾丸を撃ち尽くした、あるいは回復剤を使い果たしたなどの窮地を救ってくれるのも事実です。もし周囲に物資が見当たらない場合は、簡易クラフトが頼みの綱です。弾倉が空なのに敵に見つかるなんて嫌ですよね。

  • 派手な銃撃戦は不要 ときとして、1発の弾丸すら必要ないことがあります。先ほどは戦闘回避法について紹介しました。戦闘回避は、物資が枯渇しているときにとりわけ重要になってきます。それでも、邪魔な敵をどうしても倒さなくてはいけない場合。そんなときはやっぱりステルスプレイです。遮蔽物を利用して身を隠しましょう。そして瓶を投げて音を立てれば、離れた場所にいる敵の群れを散らし、1体ずつ「スニークキル」で倒せるのです。ただ、スニークキルで倒せない敵もいるので、万一の戦闘に備えておきましょう。

TEW2 SurvivalTips SneakKill

  • グリーンジェルを貯蔵 セバスチャンをアップグレードするには、ときに“手を汚す”必要があります。敵を倒すと、「グリーンジェル」をドロップします。セバスチャンのスキルをカスタマイズするのに必要不可欠なアイテムです。立ちはだかる敵全てを倒す必要はありませんが、なるべくなら始末しておきたいところ。倒した後には、死体をまさぐってアイテムを探すのをお忘れなく。

  • 箱を見たら即破壊 これについては、どんなに強調しても足りないくらい重要です。目についた箱は全て破壊すること。難易度にもよりますが、ユニオン内で破壊可能な箱の多くにはガンパウダーや武器強化パーツ、弾薬などの物資が入っています。

  • ユニオンの恥はかき捨て 物資収集に関しては、とにかく手当たり次第にゴミ箱をあさってください。そんな汚い野良犬みたいな真似は嫌ですか? しかし、ゴミ箱あさりで見つけた物資のおかげで命が助かるかもしれないのです。運が良ければ、まだまだ使える斧をユニオン市民がうっかり捨てていた、なんてこともあるかもしれません。近接戦用武器にぴったりですよね。

TEW2 SurvivalTips Garbage

  • 何か足りないならいったん戻る プレイの大半において、プレイヤーはオープンエリアを自由に探索できます。先に進めず何か足りないと思ったら、一度行った場所に戻ってさらに詳しく調べてみましょう。

  • 難易度の変更 以上を踏まえたうえで、それでも難しい場合には難易度を下げてみましょう。Tango Gameworksのチームは、基本となる3段階の難易度全てにおいて、極めて念入りにゲームバランスを調整しました。あなたのプレイスタイルに合う難易度が必ずあるはずです。単純にスリルを味わいたい、資源や戦闘のことで煩わされたくないという方は、どうぞ「カジュアル」でプレイしてください。誰も責めたりしません!

『PsychoBreak 2』はPlayStation 4、Xbox One向けに2017年10月19日発売予定です。2014年に三上真司が生み出したサバイバルホラーの傑作の続編。セバスチャン・カステヤノスはもう一度地獄へと足を踏み入れます。不気味な領域に巣食うおぞましいクリーチャーたちと戦い、自分自身の中にある悪夢と対峙しながら、急いで娘を助け出すのです。

PsychoBreak 2に関するニュースや動画:
PsychoBreak 2 をより深く知る全てのヒント
PsychoBreak 2 – ユニオンの構築
PsychoBreak 2 – ガーディアンとのご対面
PsychoBreak 2 – 忘れたい記憶
PsychoBreak 2 – ステファノとオブスキュラ