PsychoBreak 2 – 難易度と周回プレイ

12.10.17

『PsychoBreak 2』発売にあたり、皆さんは1つの重要な問いに答える必要に迫られるでしょう。「自分が本当にゲームを楽しめる難易度はどれなのか?」プレイヤーは、ゲーム開始時に3つの難易度(CASUAL、SURVIVAL、NIGHTMARE)から1つを選択します。ゲーム中に難易度を下げることは可能ですが、一度下げると再び上げることはできません。そのため難易度を変える際は慎重に行ないましょう。下記にTango Gameworksからの難易度に関するコメントを掲載します。ぜひ自分に合った難しさを決めるための参考にしてください。

TEW2 Difficulty Sebastian

CASUAL

ゲーム内の説明
世界観・ストーリーを楽しみたいプレイヤー向け。アイテムを十分に入手することができ、他のモードよりセバスチャンの耐久力がある。

Tango Gameworksのコメント
「サバイバルホラーを難しいと感じるプレイヤー向けの難易度です。セバスチャンとの冒険は楽しみたいけど、アイテム管理や、ユニオンに潜む脅威にやられてばかりいるのが億劫に感じる方にオススメします。“掴み回避”をゲーム開始時から使えるため、瓶を所持している時は敵に掴まれても脱出することができ、さらにアイテムは入手しやすく、敵も倒しやすくなっています。照準アシストも有効にできるため、アナログスティックでの照準が苦手な方も快適なプレイが可能です」

TEW2 Difficulty Stefano

SURVIVAL

ゲーム内の説明
アクションの難易度は高め。本格サバイバルホラーを体験したいプレイヤー向け。アイテムの使いどころを見極め、慎重に進もう。過剰な自信は禁物である。

Tango Gameworksのコメント
「普段からゲームを遊ぶけど、サバイバルホラーというジャンルにあまり慣れていないプレイヤーや、このジャンルは好きだけど圧倒的な難しさに挑戦する気分ではないというプレイヤーにオススメなのがSURVIVALです。厳格なアイテム管理は必要ありませんが、油断していると必要な時に物資がないという事態に陥る可能性もあります。沢山いる敵を全て倒せるだけの弾薬はおそらく入手できません。ゆっくり慎重に進みながらセバスチャンを強化して、困難に挑んでいくのが賢いやり方となるでしょう。また、もしもの時のために、この難易度でも照準アシストを有効にできるようになっています」

TEW2 Difficulty Blade

NIGHTMARE

ゲーム内の説明
悪夢のような難易度。チャレンジ好きで、サバイバルホラーの経験が豊富なプレイヤー向け。入手できるアイテムに限りがあり、敵の攻撃力も高い。生き残るためにはアイテムの使いどころを考えて、しっかりと戦略をたてる必要がある。前作の『SURVIVAL』の難易度が好みの方にお勧め。

Tango Gameworksのコメント
「前作『PsychoBreak』は紛れもなく難易度の高いゲームでした。歯ごたえのあるチャレンジが楽しめるからこそ、『PsychoBreak』が、そしてサバイバルホラーというジャンルが好きだというプレイヤーもいるかと思います。そのため今作では、NIGHTMAREを始めから選択できるようにしました。前作の難易度が好きな方は、念入りに戦略をたてながら進むプレイを楽しめるはずです。この難易度は、前作のSURVIVALとNIGHTMAREの中間辺りの感じになっています。しかし、初回プレイでも楽しめるようにつくってありますので、事前知識がない状態でもクリアできるはずです。ゲーム内で弾薬はほとんど見つかりませんので、大抵の場合は自分で作成するしかありません。どのように物資を管理するかはプレイヤー次第。入手できるアイテムも全体的に少なく、様々な場面でより強力な敵がより多く出現します。また、このモードでは照準アシストを使用できません。難易度は高いですが、さらに緊迫感のあるプレイを楽しめます」

TEW2 Difficulty Fire

NEW GAME PLUS

『PsychoBreak 2』をクリアすると新たな要素が解除され、セバスチャンの新しい装備や服装を選択できるようになります。NEW GAME PLUSで使えるようになるものの内容は難易度により変化しますので、覚えておきましょう。

「『PsychoBreak 2』本編をクリアすると、完了した難易度に応じて新しい武器が解除されます。周回を重ねるごとに、より多くの“グリーンジェル”や“ギア”を集められますので、セバスチャンをアップグレードするのに役立つはずです。また、ユニオン内に隠された残りのファイルやロッカーキーを回収しておくのもいいでしょう。それに、もしかするとですが…1周目のプレイ内容によっては、2周目でセバスチャンが少し変わって見えるかもしれません」

TEW2 Difficulty SaveKitty

ゲームをクリアすると、最初から選べる3つの難易度に加え、新たな難易度を選択できるようになります。あとからプレイ可能となる難易度「CLASSIC」は、生粋のサバイバルホラープレイヤーにとっても厳しい試練となるはずです。

CLASSIC

Tango Gameworksのコメント
「CLASSICは本作の難易度にアレンジを加えたものです。ゲームプレイの観点からは、NIGHTMAREモードと一緒です。異なるのは…

  • オートセーブが使えません。死亡すると、タイトル画面に戻ってしまいます。
  • セーブ可能な回数も限られています。セーブできるのはゲーム全体を通じてたった7回のみですので、経路をしっかりと決めて、セーブはどうしても必要な時のみに抑えることが必要でしょう。
  • このモードでは、武器やセバスチャンのアップグレードを行えません。ゲームの初めから終わりまで、ずっとセバスチャンの基礎パラメーターのままでやり通すしかありませんので、最後まで生き延びるには装備画面内にある全ての武器やアイテムを効果的に使っていきましょう。

重大な危険が待ち受けるこちらの難易度では、ほんの少しの手違いが大きな痛手を生みかねません」

TEW2 Difficulty Tatiana

『PsychoBreak 2』はPlayStation 4、Xbox One向けに2017年10月19日発売。2014年に三上真司が生み出したサバイバルホラーの傑作の続編。セバスチャン・カステヤノスはもう一度地獄へと足を踏み入れます。不気味な領域に巣食うおぞましいクリーチャーたちと戦い、自分自身の中にある悪夢と対峙しながら、急いで娘を助け出すのです。

PsychoBreak 2に関するニュースや動画:
『PsychoBreak 2』 – ローンチトレーラーと開発チームからのご挨拶
PsychoBreak 2 をより深く知る全てのヒント
PsychoBreak 2 – ユニオンの構築
PsychoBreak 2 – ガーディアンとのご対面
PsychoBreak 2 – ステファノとオブスキュラ